読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長岡和弘のイバラヒゲナガアブラムシ

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。


それなら、いつまで多く摂るべきなのかと思うでしょうが、推奨されているのは、授乳が終わるまでです。いろいろな事情でそれが難しければ、最短でも、妊娠中期までの間は葉酸を強化して摂るようにしましょう。

葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなく母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので欠乏しないようにがんばって摂るのが望ましいのです。
赤ちゃんとお母さんのために、葉酸は必要な栄養素だとあちこちで聞かれますが、意識して妊娠前から葉酸を摂ることで受精する確率と、受精卵が着床する確率も上がるのです。妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、多くの葉酸を使わなければなりません。従って、妊娠するまでにも葉酸は必要ですし、お腹の中で胎児が健康に育つためにも重要な役割を果たすものなので、子作りを決めてから授乳が終わるまでの期間、欠かさず葉酸を摂ってください。今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食生活以外に、葉酸を補給することを厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。



サプリメント葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。



ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことがポイントです。


葉酸は妊娠する前から摂るようにして妊娠初期まで摂り続ける事が重要だとされているビタミン栄養素です。胎児の先天性奇形を防ぐ効能が発見されています。

他にも栄養補助食品から摂取することもできますが、ホウレン草や芽キャベツといった食べ物にもたくさん含まれている栄養素ですので、初期には意識的に食事から取り込みたいものです。赤ちゃんがほしくて妊活をされている方は食べ物にも気を付け、体を温めるものを選んでください。

大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、体を温めてくれる作用があるので、いいでしょう。一方、冷えを招く野菜は、きゅうり、なす、トマトのような夏に穫れる野菜が多いです。

果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、ジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、あたたかい飲み物がベターです。妊娠しづらい状況を改善するためには、いつもの食事を改めてみるのも大事でしょう。精子卵子を作るのは親となる人の体ですから、乱れた食習慣を続けていては活発な卵子精子は期待しにくいでしょう。

妊娠を望むなら、まずは体作りです。



偏らない、健全な食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。

妊娠初期に特に多く摂りたいと言われるのが、葉酸というビタミンです。葉酸を摂るためには何を食べれば良いかというと野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。意外ですが、納豆も葉酸が豊富です。



葉酸を含んでいるのは畑の野菜だけでなく、海藻類、海苔などにも含まれるので、上手く献立に取り入れて意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。果物なら、イチゴに葉酸が比較的多いので他の栄養素を摂るためにも、おやつにおすすめできます。

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している成分ですよね。


とはいえ、つわりや体調によっては、食事での摂取が難しい、なんてこともあると思います。

そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、葉酸サプリ等を利用すれば不足しがちな葉酸もちゃんと摂取できますし、栄養的にも問題ありません。


日々忙しく暮らしている妊活真っ只中の女の方に人気があるのが妊活アプリです。



面倒な基礎体温の記録ができたり、排卵日の予測が可能だったり、アプリを工夫して活用することで手間をかけず、役立てることが出来ます。
女性のみかと思われるかもしれませんが、男の人が利用する目的で作られたアプリもあります。妊娠しやすいのはいつなのか予想を立てられるものもあるので上手く男性に理解してもらうことが出来ると思います。第二子が欲しいとなんとなく思いながら3年たった後も妊娠に至らずだったので、私と主人の健康状態に懸念を抱きました。



1人目の子供を育て上げるためにも元気である必要がありますから、この際だから体をくまなく検査してもらい、異常がなければ妊活をスタートしようと夫と話し合って決めたのですが、今思ってみればこの話し合いが私の妊活の始まりでした。